カリスマホストが教える「女性にモテる、せめて普通に話せるようになる方法」

城崎仁さんって知っていますか。

2002年頃カリスマホストとしてテレビに頻繁に出演していた方です。カリスマホストと言えばローランドが有名ですが、城崎仁さんはローランドさんとはまたタイプが違う、もっと一般的な想像に近いホストです。

この城崎さん、2005年にホストを引退してタレントになったのですが、今何をしているのかな~と調べたところ、なんと「モテる男になるためのノウハウをまとめたバイブル」を作られたとのこと!

え、ちょっと待って、ちょっと待って!

実は私、ホストになる前の城崎仁さんを知っているのですが、カレ、そんなモテ男なタイプじゃなかったんですよ。

むしろ、ホストを目指すと聞いて「え、城崎仁さんがホストに??? ネタじゃなくて????」と驚いたくらい。

それがカリスマホストとして大成功しちゃったので、城崎さんが教える「モテる男になるためのノウハウ」は、多くの男性に有効なのではないかと思うのです!

ホストになる前の城崎仁さんは、地味な普通の男の子だった

城崎さん、ホストになる前は池袋のバーでバーテンをやっていたんです。

でもイケイケな感じではなく、客にキャーキャー言われる感じでもなく、本当に普通。

どちらかというと地味。目立つタイプでもありませんでした。

派手そうなことが好きなようにも、まったく見えなかったんです。

それがある時、お店に行ったら「カレ、ホストになるって言って辞めちゃったよ」って聞いて、「え、ホスト!?」とものすごくびっくりしたことを覚えています。

だって、ホストになるタイプには見えなかったから!!

そのくらいホストとは縁遠いタイプの男の子だったんです。

だから、ホストになる前の彼を知っている人で、城崎さんがホストになって成功すると思っていた人は皆無だったんじゃないかなあ。

ある時テレビを付けたらホストになった城崎仁さんが出ていて「え、え!?」とものすごくビックリしたくらいですから。

だから、もともとのカレは、超イケメンでも、目立つタイプでも、お喋りが上手でも、印象に深く残るタイプでも、なんかスゴイ人っぽいオーラを出しているわけでもなかったんです。

本当に普通の男の子だったんです。

モテとは遠いところにいたカレが、どうやってナンバーワンホスト(モテ男)になったのか

それが、新宿の「愛」に入店して瞬く間にナンバーワンホストですからそりゃあ驚きます。

一体どうやって女性の心を掴んだのか、何をどう工夫したのか、何を考えながら女性と話しをしたのか、それを知りたい人はすごく多いと思います。

その秘訣を知ったら、ごく普通の男性も、ナンバーワンホストのように女性から求められる(モテる)ようになれる可能性が高いからです。

先日、婚活アプリを使って婚活中の友人と話したのですが、「本当に残念な男性が多くて、メッセージ交換も続かない」「思い切って会ってみても話がつまらなくて、もう1回会おうとは思えない」と話していました。

婚活アプリでメッセージ交換まで行くということは、写真やプロフィールを見た限りでは「まあまあいいかも」と思いマッチングまでするわけです。けれどその先に進まないということは、メッセージのやり取りやデートでのふるまい、会話がダメだということ。

逆にそこをクリアできれば、彼女とデートの約束が出来たり、2度目・3度目のデートにつながる可能性があったわけです。

見た目やスペックは普通(そんなに悪くない)と思うのに、「全然女の子にモテない」「何を話していいか分からない」「楽しませようと思って頑張って話すけれど、空回りしているみたいで次につながらない」という人は、やはり何かが足りないわけです。

けれど、実際にデートした女性から「あなたはここがダメ、こう直して」と指摘してもらうのはかなり困難。女性だって言いにくいでしょう。

そうしたら、「女性の対応に慣れたプロ」から、どうすれば女性に気に入ってもらえるのか、もう一度会いたいと思ってもらえるのかというコツ(秘訣)を教えてもらうのが一番です。

でもそれが超イケメンだったら「とは言っても、あんたの顔なら黙っていても女の子が寄ってくる」と思いますが、超普通な男性だったら?

その男性がしたことをそのまま実践すれば、自分もその彼のようにモテる(マッチングアプリだったら、マッチングした相手と続いたり、2回目のデートの約束ができる)ようになる可能性大じゃないですか?

彼女がいない男性、できたことがない男性、いい感じになってもその先に進めない男性にぜひ読んでもらいたいと思います。

城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』今モテ1/出会い編